Xperia X Compact F5321のftf更新、root化 34.1.A.3.49(bootloader unlock・kernel repack(DRM)・TWRP・SuperSU)

ftfの作成(Root以外でも共通)

  • flashtoolを入手して起動。
  • アイコン右端のXperiaFirmを起動。
  • XperiaFrimからCustomized US以外(※USは指紋認証未実装) のCE1等を選択してダウンロード
  • Tools->Bundles->CreateからCresteでftf作成
  • 稲妻アイコンから Flashmode 選択して全部Contentに移動してFlash(WIPEはしてもしなくても)

SuperSUの入手

  • 安定版を入手してSDカードに保存しておく

bootloader unlock

  • 設定->端末情報->機器の状態->IME情報でIMEI番号を調べる
  • 開発者向けオプション->OEMロック解除を有効にする で 解除できるようにしておく
  • 公式ページからアンロックコード発行
  • Android SDKが未インストールなら、インストール
  • S1fastbootのドライバが必要なら、テストーモードでWindows起動後にFlashtool-drivers.exeでFlashmode DriverとFlastboot Driver
  • fastbootで繋いでから fastboot devicesで確認して fastboot -i 0x0fce oem unlock 0x【サイト上に表示されたコード】

kernelのrepack(DRM対策)

  • ftfはZipなので解凍してkerel.sinを抽出
  • flashtoolで Tools->Sin Editor kerel.sinを選択して Extract data して kerel.elf作成
  • repackツールを入手
  • コマンドプロンプトから、rootkernel.cmd kernel.elf stock_kernel.img
  • 現時点で対応していないものは推奨のN、DRM fixは試しにYにしてみる
  • fastbootで繋いでから fastboot devicesで確認して fastboot flash boot stock_kernel.img

TWRP+SuperSU

  • 公式にはまだないのでxdaにあるものを入手
  • fastbootで繋いでから fastboot devicesで確認して fastboot flash recovery TWRP-3.0.2-3-F5321.img
  • fastboot boot TWRP-3.0.2-3-F5321.imgでリカバリーモードへ
  • SDに保存しておいたSuperSUをインストール Cache/devlinkはフラッシュしておく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*