イタリア vs ウクライナ

ドイツ vs アルゼンチン戦の興奮も覚めやらないところですが、
今度はイタリア vs ウクライナです。

前回オーストラリアとの死闘を最後のトッティのPKで制したイタリア。
マテラッティがこの試合出れないのが多少不安点・・・か?
劇的なPK戦の末、スイスを振り切ったウクライナ。
力量的には、イタリアが上と思いますがどうなるか?

そして試合開始。
開始早々からこの試合も激しく早い中盤の争いになりました。

前半3分:イタリア
 カモラネージが中央から持ち込んでミドルを放つも枠の右へ

前半6分:イタリア
 トッティとのワンツーで抜け出したザンブロッタがそのままミドルシュート!
 ゴール右下に決まる!
 (イ 1−0 ウ)

前半22分:イタイア
 右からのボールをエリア内でトニがキープ、ヒールで流すもベロッタ合わせられずキーパーキャッチ

前半のこれくらいでしょうか?
圧倒的にイタリアペースです。
1点とってしまったこともあって、硬い守備からのカウンターの方法に切り替えました。
中盤のボールの奪い合いも圧倒的にイタリアの寄せが早く、ウクライナは横パスをカットされる場面も・・・。
負傷などですでに2人の交代をしているウクライナに果たして勝機は?

後半12分:ウクライナ
 シェフチェンコ→ネスマチニー→グゼフとボールが渡り、至近距離でのシュートを放つもキーパーが弾く!
 こぼれ球をカリニチェンコが押し込むも、ザンブロッタ(イタリア)の体を張ったクリアに阻まれる!

後半14分:イタイリア
 コーナーキックからの展開で、トッティが上げたクロスにトーニが飛び込んでヘッドで合わせ、ゴーール!
 イタリア追加点!
 (イ 2−0 ウ)

後半16分:ウクライナ
 クロスにグシンがヘッドであわせるもクロスバーに阻まれる。

ウクライナ・・・攻めるも実らず。
あと1歩が遠いですね^^;

後半24分:イタリア
 ザンブロッタが左サイドから切れ込んでラストパス。
 飛び出したトーニがゴールに流し込む!
 (イ 3−0 ウ)

もはや勝負あり・・・?

ウクライナはこの後、ミドルシュートなど含め良く攻撃しましたが・・・結局点は奪えず試合は終了します。

イタリアの硬い守備と素早いカウンター攻撃がウクライナを圧倒した形になりました。
ウクライナは右サイドを基点に攻め上がりましたが、結局イタリアから点を奪うことができず・・。
後半12分のチャンスを生かすことが出来ていたら、また展開は違ったかもしれませんね。

順々決勝は、1次リーグの連戦の疲れも取れ、各チームが本来の動きを取り戻し見ごたえのある試合が続いています。
明日の試合も楽しみですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください