アルゼンチン vs セルビア・モンテネグロ

今日は、今回の予選グループの中でも死のグループと呼ばれるグループCの2試合目に入ります。
アルゼンチン・オランダ共に今日勝利すると決勝トーナメント進出になりますね〜。

とは言え、セルビア・モンテネグロもかつては東欧のブラジルと呼ばれたユーゴスラビアの流れを汲む国です。
ヨーロッパ予選を1失点で1位で突破し、あのスペインをプレーオフに回した実力国です。

試合開始早々アルゼンチンの攻めが続きます。
そんな

前半6分:
 左サイドから抜け出したハビエル・サビオラ(アルゼンチン)が中央に流したボールをマクシ・ロドリゲス(アルゼンチン)が豪快に決めて先制!
 (ア 1−0 セ)

早くも、アルゼンチンがディフェンスを売りにするセルビア・モンテネグロから得点を奪います。

セルビア・モンテネグロも反撃に出ますが、その後もアルゼンチンのボール支配が続きます。

前半31分:
 サビオラ→エステバン・カンビアッソ(アルゼンチン)と渡ったボールは、エルナン・クレスポ(アルゼンチン)との素晴らしいワンツーでペナルティエリア内でカンビアッソに戻り、そのままゴール中央へ
 (ア 2−0 セ)

前半41分:
 またもやアルゼンチンがサビオラからチャンスを作ります。
 右サイドでDFを2人かわし中央に切れ込みシュート!
 キーパーに弾かれますがそこにロドリゲスが詰めてさらに追加点
 (ア 3−0 セ)

こんな形で前半が終了しました。
まさかセルビア・モンテネグロが3点も取られるとは・・・といったところでしょうか?
ヨーロッパ予選を戦ったDFラインは当時のメンバーが2人しかいない窮状でしたし、何よりアルゼンチンの「色々な場面」での「巧さ」にやられてしまった感じがありますね。
アルゼンチンは、ほぼ思い通りのサッカーを展開したのではないでしょうか?
特にサビオラ! この試合は「今日はサビオラの日」とでも言わん限りの動きの良さでした。

さて、後半に向けてセルビア・モンテネグロはどういった展開をしてくるのか・・・。負ければここで終わりの試合、どうなるか注目です。

後半セルビア・モンテネグロも反撃を試みますが・・・・アルゼンチンの守りも堅く攻め切れません。

やっと反撃ムードがでてきたセルビア・モンテネグロですが・・・
後半20分:
 マテヤ・ケジュマン(セルビア・モンテネグロ)がマスチェラーノ(アルゼンチン)に両足タックルをしてしまいレッドカードで一発退場。
 もはやセルビア・モンテネグロに打つ手なし・・・。

そんな、
後半30分:
 「マラドーナの真の後継者」と呼び声の高いリオネル・メッシ(アルゼンチン)が登場です。
 アルゼンチンの最年少出場記録を塗り替えました

後半33分:
 そのメッシが早くもチャンスを作ります。
 FKのリスタートから左サイドをドリブルで抜け中央にグラウンダーのボールにクレスポが詰めてさらに追加点!
 (ア 4−0 セ)

も〜こうなるとセルビア・モンテネグロに為すすべはありません・・・。

後半39分:
 ゴール前左でパスを受けたカルロス・テベス(アルゼンチン)がDFを2人抜きそのままゴールへ!
 (ア 5−0 セ)

後半43分:
 最後はテベスとクレスポのワンツーから右に走りこむメッシへ。
 エリア内に持ち込んでそのままゴール!
 (ア 6−0 セ)

・・・とこんな一方的な試合展開で幕を閉じます。
結局終わってみれば、6−0と大差でアルゼンチンの勝利。
やはり最初の1〜2点がセルビア・モンテネグロには重すぎたようですね・・・。

ともあれメッシのアルゼンチン代表最年少出場記録・得点記録を塗り替える場面もありましたし、見るべき場面はある試合でした。

これで、アルゼンチンは決勝トーナメント出場決定です。
次のCグループの試合、
 オランダ vs コートジボワール
に大きく影響する結果となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください