Shuttle ST20G5 で Fedora Core 4を動かそう:10

さて 前回モジュールのアップデートができました。

そこで再起動をかけると・・・・・
え・・・・
真っ白な画面のあと
ブルースクリーンと共になんか エラーががが・・

なになに
「I cannot start X server(your graphical interface)・・・」
X server の立ち上げに失敗したよっと。

む〜 アップデートの中でコレ関連のがアップデートされた模様。
あら?X Windowって入れないようにした記憶が・・・?
他の依存モジュールの影響かな??????

ともあれ、問題解決のための情報がでるようなので
「Yes/NO」でYesを選択っと。

(EE) VESA(0):No Matching modes
(EE) Screen(s) found,but none have a usable configulation
っと。詰まるところ設定がおかしいよ・・と。

http://wiki.X.Org が参考になる
/var/log/Xorg.0.log もチェックしてみてね
と書いてありました。

説明を読み終えて「Exit」すると新たなメッセージが

「Would you like to view the detailed X server output as well?」
要するにもっとくわしい詳細見たい?っと
「Yes/NO」でYesを選択っと。

ずらーっとならんでてもう何がなんだか・・・・
説明を読み終えて「Exit」するとさらに新たなメッセージが

「Would you like me to try to run the X configuration program?
 Note that you will need the root password for this.」
設定プログラム動かす?っと
「Yes/NO」でYesを選択っと。

ルートのパスワード入力したら〜・・・・・

真っ白でフリーズっと・・・・(爆

上記の設問でNoを選択すると、とりあえずテキストモードで扱えるようになります。

さて、落ち着いて考えましょう。
何かのアップデートでXが変更されたのですかね???
とりあえず、VESAとやらのモードが違うということのようです。

/etc/X11/xorg.conf

について色々調べて、設定したんですがダメデシタ(TT)

この状態では、ネットにも繋げませんし
(やり方はあるのかもしれない^^;)
仕方なく、再インストールしてみました。

で、ためしにカーネルのアップデートだけ掛けてみるかね〜っと
依存関係で2つほどモジュールがインストールされました。

で、再起動
「I cannot start X server(your graphical interface)・・・」

・・・・・

気を取り直して起動時にカーネルが選べるようなので古いほうを選択。
「I cannot start X server(your graphical interface)・・・」

・・・・・

ふーん・・・・・。
3つのモジュールのどれかかの〜?
どれかをアップデートするとvesaで起動時に取得されるデバイス情報が
vesaのモードと会わなくなるのかね?^^;

わかった、私が悪かった!

取り合えず再インストール!

ATIなんだし、Linuxドライバくらいあるだろー?(適当)と探すと
ありました!
ドライバのページから Linux をクリック
Linux x86(こっちにしてみました)のMotherboards with ATI Graphics をクリック
ATI Proprietary Linux x86 Display Drivers for XFREE86 / X. Org Version 8.22.5
をクリックしてダウンロードページに到着!

「ほほ〜 Linux用のインストーラーまであるのか〜」
ATI Driver Installerをダウンロードして保存っと。
「ati-driver-installer-8.22.5-i386.run」と言うファイルでした。
どーう動かすの?っと数秒悩んで

とりあえず、755属性にしてGNOME端末から実行してみるか〜(安易)
やってみると・・・・・できましたw(笑)

お任せの流れでオートインストーール!

最後にExitを押して完了!!!



と思ってリブートしてはいけません!!!(ぁ
私は何回かやりました(バカ)

注意深く説明を読むと さらっと1行
Launch the Terminal Application/Window and run /usr/X11R6/bin/aticonfig –initial to configure the driver.

つまり
 /usr/X11R6/bin/aticonfig –initial
を実行しろと。
そしてそれから再起動しろと。

そう書いてあります。

指示に従うと
 /etc/X11/xorg.conf
の中身が更新され無事GNOMEが立ち上がります♪

実行しないまま再起動しても テキストモードに入ってから
 /usr/X11R6/bin/aticonfig –initial
を実行すれば問題ありません。

追記:
 後で分かったこと。
 結局 grub.confにacpi=off pci=routeirqと追記すれば、問題なくVESAで立ち上がりす・・・・、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください