Shuttle ST20G5 で Fedora Core 4を動かそう:4

さて、前回インストールが一通り終わりました。

では、LANにつないでみましょ〜!!!

・・・・・・
・・・・・
・・・・
・・・
・・

「繋がらなぁ〜〜い」

そーです。
内蔵のLANが繋がりません(TT)

さてめげずに原因調査です。

まずはじめに現状を、
 ハードウェア的には認識されました。
 ドライバインストールされたらしい。
 ルーターに接続したい。
 DHCPで接続したい。
で、
 デバイス(Eth0)の起動で失敗・・・・・。

対策1.
 DHCPをやめてみる。
 IP
  192.168.0.100
 サブネットマスク
  255.255.255.0
 デフォルトゲートウェイ
  192.168.0.1(ルーター)
 DNS
  プロバイダのDNS

 結果
  デバイスの起動は成功。
  ゲートウェイっていうかルータにPing・・・・・通らない。

 考察
  う〜ん無線LAN用のルータだしなんか特殊な設定か
  接続ソフト(Windowsしかないですが)いれないとダメ???

対策2.
 さてインターネットの前にローカルLANがだめなんじゃないかと言う事で
 LAN接続を試してみる事にします。

 WindowsPCにクロスケーブルで直つなぎしてみる。
 (まぁ、間にHUB経由してもいいのですが、
  結果は同じなのでクロスケーブルで接続してみる)

 WinPc
  IP
   192.168.0.50
  サブネットマスク
   255.255.255.0

 LinuxPc
  IP
   192.168.0.100
  サブネットマスク
   255.255.255.0

 補足
  クロスケーブルやHUB(の場合は平気なんだったか???)の場合は
  同一セグメントでないと通信できませんので
  サブネットマスク
   255.255.255.0
  とした場合は、(AAA.BBB.CCC.XXX)のXXX以外は一緒でないと
  同じネットワークとみなされず通信ができません。

 結果
  えぇ、Pingが通りません・・・・・orz

さぁ〜てどうするかなぁ・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください