トーゴ vs スイス

さて昨夜の韓国 vs フランスの引き分けを受けてわからなくなってきたグループGの2試合目です。

韓国相手に先制しながら、レッドカードと負傷退場で逆転を許したトーゴ。
緒戦フランス相手に惜しい引き分けを演じたスイスの対戦です。
トーゴは負けてしまうと決勝トーナメントの道が閉ざされますが、それ以外の結果ですと、両チーム共に最終戦に決勝トーナメント進出の可能性が残ります。
トーゴは勝ち点3を絶対に欲しいところ。
はたしてトーゴがサプライズを演じるのか?

前半10分:トーゴ
 エマニュエル・アデバヨル強い!
 中央でボールをカットし、DFをこじ開け左サイドへ展開。
 DFをかわしてクロスを上げるも見方には合わず。
 ボール再びアデバヨルに渡りシュートを放つが得点ならず。

「うん、やっぱりトーゴもなかなかやるなぁ。」と思っていた

前半16分:スイス
 ルドヴィク・マニャンの左クロスは、右サイドのトランクィロ・バルネッタへ。
 ダイレクトで中央の戻したボールを、アレクサンダー・フライがダイレクトで押し込みスイス先制!
 (ス 1−0 ト)

前半18分:トーゴ
 中央からのスルーパスに反応し飛び出すもオフサイドの判定。

前半21分:スイス
 ラファエル・ヴィッキーがボールを奪いミドルシュートを放つもDFにクリアされる。

ここまで中盤が作れなったトーゴは、
前半25分:トーゴ
 クアミ・アグボ(MF)に変えてムスタファ・サリフ(FW)を投入。
 中盤の建て直しを計ります。
 これが巧く行き、トーゴのディフェンスと中盤が安定しだします。

前半29分:トーゴ
 左サイドからのグラウンダークロスに、中央の敵・味方触れず、右サイドに流れたボールに走りこんだトーマス・ドセヴィが合わせるも枠を捕らえず

前半34分:トーゴ
 左サイドからアデバヨルがドリブル突破!
 ペナルティエリア内で倒されるもノーファールの判定。

こんな形で前半が終了しました。
スイスは先制した後は、守備重視でカウンターを狙う展開です。
トーゴは個人技を生かした突破でチャンスを狙います。
後半、負けられないトーゴの反撃がどうなるか?

後半5分:スイス
 中央からサイド移動、しゅーとDFに

後半8分:スイス
 やきん みどる 枠捉えず

後半18分:
 中央からのパス、キーパーと11もファインセーブ

このあたりからトーゴに攻めてがなくなってきます。
ロングボールで一発やドリブル突破をしますが、最後の連携・精度が悪くチャンスになりません。

このままずるずると終わるかと思われた

後半44分:スイス
 左からマウロ・ルストリネッリが右サイドにグラウンダーのパス。バルネッタがそれを正確にゴール左隅に決めスイス追加点!
 (ス 2−0 ト)

そして試合はこのまま終了。
トーゴは前半こそいいチャンスがありましたが、スイスの組織的で強固な守備の前にチャンスを作れませんでしたね。
これで、トーゴはグループリーグ敗退。
スイスは、グループG首位になりました。
2008年のユーロを目指しているスイスの躍進に俄然注目が集まる所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください