日本 vs クロアチア

さぁやってまいりました運命のクロアチア戦!
実際のところ実力的にはクロアチアが上と見ますがそんなことも言ってられません。

前半21分:
 左サイドから崩されプルソに突破されます。
 最後はペナルティエリア内で宮本がファウルで止めてしまいPKに・・・・。

 が!しかし!
 川口、神がかりなセーブでPKを阻止!!!!!!
 「神様! 川口様!!」
 
前半34分:
 バックパスが川口の目の前でイレギュラーバウンド。
 
中田のミドル!

前半を振り返ると、どうも左サイドから徹底的に攻められてますね^^;
サントスの守備が弱いの見越したクロアチアの攻めの巧さが目立ちました。
最後のほうは、前線からチェックと中央でのボールカットが多く危険な場面多すぎです。
後半の建て直しやいかに!

後半は・・・熱中しすぎて逆におぼえてないですが^^;

後半、福西に変えて稲本が出場しましたが、この交代は良かったように思います。
攻撃の面だけでなくディフェンス面でも思ったより機能してましたしね。

問題なのは後半30分過ぎからです。
この辺りからクロアチアも日本も足がとまりだしてしまいました。
ここで攻めたい日本です。
日本は攻め出るもシュートに漕ぎ着けられず、逆にクロアチアDFにカットされカウンターを受けシュートにまで持っていかれる展開が続きました。
な・の・に、クロアチアにボールをカットされる場面が多く、投入した玉田・大黒をあまり生かせませんでした。

試合はそのまま0対0で終了。
負けよりはましですが・・・・。

やはり、終盤にサイドもしくは中盤の選手で途中交代で入れられるようなスピードある選手がほしいところでした。
もしくは、気持ちを前面に押し出せる選手。
サントスも後半はバテバテでしたしね。

ともあれ・・・・かろうじてつながりましたが・・・。

ブラジルがオーストラリアに大勝してもらわないと話しにならないところです・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください